展示会成功のカギを握るのは「ブース施工業者との意思疎通」

ターゲットに合わせて作る

展示会

展示会のブース施工は、イベントでPRが成功するかどうかの大事なポイントです。特にターゲットに沿ったブースであるかどうかによって、来場者の反応が変わるので施工業者としっかり打ち合わせをしましょう。

More Detail

成功に導くための準備

ブース

イベントで成果を上げよう

ニュースや新聞などでも報道される法人向けの展示会は、大きなものになると数万、数十万人もの来場者が訪れます。その目的は魅力的な商品やサービスを探しに行くことや商談のチャンスがないかを見に行くことなど、様々なものがあるでしょう。特に、展示会でブースを展開する法人は、出展料を支払って参加されることがほとんど。ということは、その元以上の成果を上げるために、あれやこれやと試行錯誤をする必要があるわけです。

アピールの場

まず、展示会で成功のカギを握るブースは、独自の世界観とストーリーを全面に出していかないといけません。ですから、施工業者に依頼をするなら、依頼する側が持つコンセプトや狙いをしっかり伝えていくことが大事でしょう。また、ブースは限られたスペースを使って展開するのが基本で、割り当てられるスペースも狭いパターンが多いです。ですから、空間を上手く使って、自社の商品やサービスをアピールすることが求められているのです。

テーマを主張する

施工業者を交えて展示会の出展準備をする際は、必ずテーマ性を伝えることが大切です。イベント自体、同じテーマを共有した法人ばかりが参加されますが、それぞれの商品やサービスが持つテーマには違いがあるはずです。このテーマをしっかり伝えることで、来場者の心に響くアピールになります。特に、新規顧客の獲得を目指しているのであれば、分かりやすくて伝わりやすいテーマを体現するブースづくりを目指しましょう。

認定が基準

男女

Web広告の中でも人気のあるリスティング広告は、代行入稿をしてくれる専門会社に依頼するのが一番です。特にYahoo!やGoogleの認定を受けているスタッフがいるところなら、安心してお任せできます。

More Detail

月額料金が安い

オペレーター

月額料金が約5千円前後で利用できる電話代行サービスは、従業者を雇うよりも経費を抑えることが可能。業者を選ぶ際は、多くの法人が利用している実績があるところで必要なプランを選べば失敗することはありません。

More Detail